HARD PORCELINE - HYGIENIC AND SECURE DURING USE

硬質陶磁器 - 衛生面と安全性

ホテル、レストラン、大規模なケータリング施設では、衛生規則の遵守が常に非常に重要な役割を果たしてきま

した。Covid-19の時代には、このトピックはさらに注目されます。

硬質陶磁器が常に主にフードサービスで使用されていたのは偶然ではありません。

 

次のような製品のメリットがあるためです。

  • 1400°Cを超える高い焼成温度により、非常に硬く、長持ちする、非粘着性の滑らかな表面(釉薬)になります。

    メリット: 耐摩耗性は、ガラス質の陶磁器、ボーンチャイナ、ストーンウェアなどの他の材質より優れています。

  • ストーンウェアのような多孔性の材料とは対照的に、硬質陶磁器は完全に密閉された表面と低い多孔性で優れ

    た衛生特性を提供します。

    メリット:非常に滑らかで洗浄が簡単な表面で、細菌や細菌の堆積物は、穴に隠れることがないため、簡単かつ

    迅速に除去されます。

  • 陶磁器の密度と鉱物組成により、保温/保冷の持続に優れています。

    メリット:強化ガラスも金属も、硬質陶磁器ほど長く熱を蓄えることができません。熱に敏感なウイルスの形成

    は抑制されますが、一方、彼らは低温でより長く生き残るでしょう。

  • カラーリングや模様を施した陶磁器も、白い陶磁器も、食器洗い機で安全に洗浄できます。

    メリット: 食器洗い機で洗浄後、衛生的に安全です。